Cubism4.2新機能への要望

日々開発お疲れ様です。
最近Cubism4.2を触り始めて感じた「こうだったらいいな」というのがいくつかありましたので要望を出させていただきます。

・ブレンドシェイプの拡張補間への対応

マニュアルの方で拡張補間へは非対応と記載がありましたので難しいと思いますが、
ブレンドシェイプ用パラメータで[-1][0][1]の三点キーが打たれている状態で拡張補間(SNS補間だけでも)が使えると表現の幅が広がるかなと感じました。

こちら一点質問なのですが、拡張補間が非対応な理由としては「技術的に難しい」のか「需要がないため」のどちらになるでしょうか?
(今後要望が増えれば実装される可能性があるのかどうか知りたいです)

・「ブレンドシェイプの重みの制限設定」の「重みの制限グラフ」について

いくつかのプリセットがありますが、こちら自分でプリセットを制作したいです。

また、現状ではグラフは直線のみですが、曲線も設定できるようになると表現の幅が広がりそうです。
(技術的な検証はできていませんが、もし曲線グラフで擬似的なSNS補間ができたら面白そうだなと感じました)

・グループ化したフォルダで「乗算」「スクリーン」設定に対応してほしい

現状、親デフォーマにて一括で「乗算」や「スクリーン」の設定ができると思いますが、グループ化したフォルダでも使えるようにして欲しいです。

想定としましては「髪フォルダ」や「肌フォルダ」へ一括で「乗算」「スクリーン」をかけることができれば、色の管理がしやすそうだと感じました。

(4.2新機能とは関係ないですが、ついでに、グループ化したフォルダをクリッピング元に設定できるようにして貰えると制作がとても楽になります)

・メッシュのミラー編集を頂点の移動でも使えるようにしてほしい

初めからピンポイントで頂点を打てる方であれば問題ないのでしょうが、私は頂点を打ちながら位置を微調整するため、ミラー機能を使って出来上がったメッシュが左右非対称となってしまいます。

従来であれば以下のような操作で左右対称のメッシュが作成できます。

  1. 頂点を打ちつつ位置を微調整し、片側のメッシュを作る
  2. メッシュをコピーする
  3. メッシュを左右反転する
  4. メッシュを貼り付ける
  5. メッシュの間を繋ぐ

しかし現状のミラー編集機能を使った場合、以下のような手順になります。

  1. ミラー編集を有効にする
  2. 片側のメッシュを作る(反対側は自動で生成される)
  3. 頂点を移動しメッシュを微調整する(この時点で左右対称ではなくなる)
  4. 自動生成された片側の頂点を一度削除する
  5. 片側になったメッシュをコピーする
  6. メッシュを左右反転する
  7. メッシュを貼り付ける
  8. メッシュの間を繋ぐ

現状ではミラー編集機能を使った方が手間と時間が増えてしまっているため、是非とも頂点の移動もミラー機能に対応させていただきたいです。

要望は以上となります。

…本当はα版の時に出すべきだったと思いますが時間が取れず今さらの要望となってしまいました。
申し訳ありませんがご検討いただけますと幸いです :man_bowing: :sweat_drops:

「いいね!」 1

@はちゃち

いつも弊社製品をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
Live2Dスタッフでございます。

たくさんの貴重なご意見誠にありがとうございます。
全て開発チームに共有いたしました。
ご要望は全て今後の開発の参考にさせていただきます。

>拡張補間が非対応な理由としては「技術的に難しい」のか「需要がないため」のどちらになるでしょうか?
こちらは明確にお伝えすることが難しいのですが…
様々な複合的な理由により現状の仕様では非対応となっております。
実装することをお約束はできないのですが、ご要望により対応を検討する可能性はございます。

今後とも弊社製品をご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。

「いいね!」 1

回答いただきありがとうございます。

なるほど、承知しました。

私の方でも色々と検討してみた結果、SNS補間がなくともブレンドシェイプの重み制限設定と三角関数があれば、少なくとも私のやりたいことに関しては対応できそうです。

ただ現在「ブレンドシェイプ重み制限グラフは5行まで」という制約に引っかかっています。
少なくとも7行、可能であればもう少し制限を緩和していただけないでしょうか。
あるいは当初要望に上げていた曲線が使用できればSNS補間は必要なくなると思いました。

それと追加の要望として、4.2で強化された「四隅のフォームを自動生成」をさらに強化していただきたいです。
具体的には、Live2Dモデリングを行っていると四隅を自動生成した後に四隅を0.707倍(sin(45))する作業というのが頻発します。そのため、自動生成時に四隅を0.707倍(あるいは任意の倍率)に制限できる設定を追加していただきたいです。

よろしくお願い致します。

追加でもう一つ要望です。

・ブレンドシェイプ機能で「不透明度」を使えるようにして欲しい。

モデルを作っていると、ブレンドシェイプ用パラメータでも不透明度を変更できれば助かる場面が非常に多くあります。
そのため、ブレンドシェイプ機能と不透明度機能を両立できるようにして貰えると非常に嬉しいです。

ブレンドシェイプの特性上、不透明度の数値を指定して上書きするのは難しいと思いますので、パーセンテージの数値を加算や減算できる様にするのはいかがでしょうか?

例)
・不透明度100% → ブレンドシェイプパラメータで「-75」% → 不透明度25%状態で表示
・不透明度100% → ブレンドシェイプパラメータ1で「-90」% → ブレンドシェイプパラメータ2で「+60」%→ 不透明度70%状態で表示

これができると「親デフォーマで子アートメッシュの不透明度を一括指定している場合でも、特定のアートメッシュはブレンドシェイプの不透明度加算で例外的に表示する」といったことが可能になり、表現の幅が広がるのではと思っています。

何かしらの理由で意図して不透明度を変更できないようにしているとは思いますが、
何卒、ご検討の程よろしくお願い致します。

@はちゃち

追加のご要望まことにありがとうございます。
詳しく解説していただいている例なども含めてすべて開発チームに共有いたしました。
今後の開発の参考にさせていただきます。

他にもお気付きの点がありましたら、追加でコメントをいただければ幸いです。
今後とも弊社製品をお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

「いいね!」 1