パラメータ 連動機能

物理演算使いなして パラメータを連動する

いつも弊社製品をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
Live2Dスタッフでございます。

ご要望誠にありがとうございます。
申し訳ございません、内容の意味を詳しく理解することができませんでした…
お手数ですが、
画像や動画などを添えてもう少し詳しくご解説いただけますとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

申し訳ありませんが、私の説明が不十分でした。
以下はChatGPTで翻訳した内容ですが、より理解していただけると幸いです。

物理的な手法を使用して2つのパラメータが一致するようにする機能は物理インターフェースで実現できますが、
モデリング時にアクションを確認するのは面倒です。

また、委託者が物理強度を低く設定することを選択した場合、一致したアクションのパラメータも調整されます。
これはモデラーが望むものではありません。

この機能があれば、
より少ないブレンドシェイプパラメーターで、元々は個々の値ごとに形状修正が必要だった場合を実現することもできます。

詳しくご説明ありがとうございます。
少しだけわかってきた気がしますが、まだ私が正しく解釈できていない可能性もあります。

申し訳ありません、さらに詳しく解説していただけるとうれしいです。
この機能は具体的にどのようなときに活用できるものでしょうか?
画像があるともっとわかりやすいかもしれません。
言葉の壁がありお手数をおかけして申し訳ありません。

ユーザ様のご要望を正しく開発チームにお届けしたいと思っております。
よろしくお願いいたします。


image
たとえば、小さなオブジェクトを組み合わせると、変形を調整するのが比較的難しくなります。 別途作りたいのですが、物理インターフェースに入らないとタイムリーに効果を確認できません。 パラメータの前にある 2 つのパラメータの動きを統一するオプションがあれば素晴らしいと思います。

詳しくご説明誠にありがとうございます。
しっかりと理解することができました!
ぴったり同時に連動させて、複数のパラメータの同じ値の変形を
モデリングビューで同時に確認したいというものですね。

ご要望を開発チームに共有いたしました。
今後の開発の参考にさせていただきます。
(この「連動」という動作は、現状のパラメータの仕様とは大きくかけ離れたものであり、
実現は難しいかもしれません…)

貴重なご意見を誠にありがとうございます。

「いいね!」 1